クラブ紹介

クラブ紹介

【創立日】

2007年3月13日


【顧問】

 監督:小粥 智浩

 コーチ:稲垣 裕美


【クラブ理念】

 ライフセービングスピリッツを生涯に渡り追及する


【ライフセービングスピリッツ】

 1.人のために力を尽くす

 2.自己を確立するための努力

 3.幅広い知識と高い技術の習得

 4.健全な心身に裏付けられた自信

 5.人のために自分の時間をこれに捧げ

 6.他人の命を守ろうとする行為に誇りを持つ

 7.決しておごることなく絶えず努力を続ける

 8.人に安心感を与えるために鍛えよ

 9.そして強くなればなるほど人にやさしくなれる


【mission】

 ・日本一安全な大学へ

 ・日本一怪我の少ない大学へ


【活動紹介】

私たちLifesaving Clubは、日本で唯一ライフセーバーとトレーナーが融合した、一つのクラブです。

 私たちの考えるLifesavingとは、“Life(人生、生活、生命)”を“saving(守る、救う)”するという考え方です。つまり、海やグラウンドなど場所を限定することなく、日常生活から常にalways readyの精神を持ち、人の為に尽くす、人に寄り添う、という行為の全てをLifesavingだと考えています。その為、私たちは“Rescue&Conditioning”を軸に、「一次救命・一次予防」をコアとして取り組み、社会貢献を意識しながら活動しています。

Image title

具体的な取り組みとして、流通経済大学新入生全員に対する心肺蘇生法の講習会(救命ガイダンス)や、本学の運動部に対する熱中症やバックボード(救急搬送方法)の講習会を行っています。また各チームでも様々な取り組みをしています。レスキューチームでは、「海を越えて」をコンセプトに陸上競技会トレーナーブースサポートや、各地域クラブでのセルフコンディショニング普及活動などを行っています。コンディショニングチームでは、「スポーツ現場を越えて」をコンセプトに、夏に海の監視活動への参加や、レスキューに関する資格取得にもチャレンジしています。

 Missionにもあるように、私たちは日本一安全な大学を目指しています。そして、大学から地域へ、地域から日本へ、日本から世界へ。少しでも多くの方々にRKUスピリッツを発信・普及する。そのような大きな志を持って、活動しています。


【主な学内貢献活動】

 ・救命ガイダンスの指導

 ・熱中症講習会サポート

 ・バックボード講習会サポート


【歴史】


2007.3.13Lifesaving Club 設立
2007.4第1回 入部式
2008クラブロゴ/クラブユニフォーム 完成
2008.4救命・健康ガイダンス
2008第1回 代替わり式
2009.8Rescue Team Blog開始
2009.1Conditioning Team Blog 開始
2010.12第1回 合同朝練開始
2012.3第1回 卒業記念パーティー
2012.3卒業記念誌 創刊
2012NPO法人クラブドラゴンズで活動開始
2013.3クラブネクタイ・スカーフ 完成
2015.3流通経済大学Life Saving Club ホームページ 完成